重要な企業法務

企業法務なる四文字熟語もまた、私達一般人には馴染み薄い言葉ではないでしょうか。
対して常にこの四文字と対峙されている、企業経営の中枢を担う方々あるいは法律関連の専門家の皆さんにとっては、その重要性を既に十分過ぎる程に痛感されている、目や耳にしただけで身が引き締まる言葉でしょう。

企業が健全に利潤追求を継続するに際し、遵守を義務づけられている法律や規定は数え切れません。
更には従業員との雇用契約に際して、その他各業界で設定された公的なルールなど、常に全方位に細心の注意を払い続けねばならないのが企業という集合体なのです。

資本主義社会に於ける各企業間のライバル関係はジャンルを問わず常にシビアであり、利潤追求から自社シェア確保に全力を尽くすあまり、元来遵守すべき法律に抵触スレスレから時にアウト判定となる行為に悪意無く及んでしまう事例は数え切れません。
時にこうした過ちが自社の致命傷となってしまう悲しい展開も見られ、常に企業法務を意識した運営が求められるのが実情です。

同時に私達が所属先企業に安心して通勤を続けられているのもまた、企業法務遵守の姿勢を自社が保ち続けてくれているからこその環境です。
仮に世の中が企業法務という大切な概念を無視してしまえば、経済社会という世の中全体の崩壊に繋がり兼ねないとの懸念は、決して大袈裟だとは言えません。
自身は単なる一社員だから、あるいは企業に在籍していないからとスルーするのではなく、企業法務という言葉が指す重要な役割をぜひ、基礎知識として備えておいてください。



≪特選サイト≫
低価格で企業法務のリスク管理ができる顧問弁護士サービスです → 顧問弁護士